普段の生活がリサイクル活動に

>

便利で手軽さを選ぶことは環境に優しくない

リユースとは何か

リユースとは、同じものをそのままの形で何回も使うことです。
着られなくなった子供服を友人の子供に譲ったり、使わなくなったおもちゃを欲しがっている人に譲ったり、色々な形で物を大事に使うことをリユースと言います。
最近はカードゲームが流行っているのでお友達同士でカード交換ということもよくあることです。自分が欲しいカードを友達が持っていたら、自分の持っているカードのどれかと交換するといった感じで割と子供同士で勝手に交換しています。ただこれは各家庭の方針もあると思うのでみんながみんな交換しているわけではないと思いますが、ちょっとした交渉術は身につくかもしれません。
古くなってしまって誰も着られないような洋服は雑巾などにして最後まで使い切ることも環境保護につながると言えるのではないでしょうか。

リサイクルとは何か

リサイクルとは、一度原料の状態まで戻してからまた別のものや同じ新しいものに作り替えることをいいます。
私たちが分別して出したゴミは市町村ごとにまた分別してリサイクル事業者に渡ります。そしてリサイクル業者によって原材料に戻されます。あとはプラスチックを作っている会社がそれぞれ自分のところの製品分の原材料をリサイクル料金を支払って受け取り、その原料でまた違う製品や同じ製品を作ります。
リサイクル料金がどれくらいかかっているかは分かりませんが、使い終わったプラスチック製品を捨ててまた新しいプラスチック製品を作るよりも無駄がなく素晴らしいシステムだと思います。
電子機器などは特殊な金属を使っている場合が多いので、その資源を無駄にしないように、小型家電リサイクルなどで、使える金属を回収してまた新しい製品を作ったりもしています。


この記事をシェアする