普段の生活がリサイクル活動に

>

リデュースは一番身近なリサイクルの仕方

レジ袋は使わずマイバッグはもう常識

レジ袋の有料化が決まり全国的に導入されようとしている今、マイバッグ持参はもう当たり前の時代になってきました。
数年前まではごく一部だったような気がしますが、今はマイバッグを持ち歩いていると公言してもそんなに珍しくもなくなってきたように思います。可愛い柄のエコバッグ売り場まで出来てきているので、ちょっと手に取ってみたくもなるような、お店の戦略にはまりつつある今日この頃です。
エコバッグまでいかなくてもカバンに常にレジ袋は用意しておくと、急な買い物にも対応できるので便利だと思います。レジ袋は割と頑丈に出来ているので丁寧に扱えば何回でも使用できます。一回で捨ててしまったりただゴミ袋にするのはもったいないので出来るだけ長く使ってあげてください。

無駄な食品は買わないし作らない

ゴミを増やさないという観点で考えると、食品も当てはまります。
買い物に行く時は必ず冷蔵庫の中身を確認し、同じものを購入しないように気をつけましょう。あとは、賞味期限の近いものから消費するようにすると無駄がありません。当たり前のことですが意外にうっかりと同じものを購入してしまったり、賞味期限切れのものがあとから出てきたりして処分することになるのは割とよくあることです。こういった無駄な買い物は環境汚染にもつながると意識して計画的に買い物をすることをお勧めします。
あとは逆に買いすぎたからといって食べきれないほどの量を作らないことです。胃袋はゴミ箱ではないですし、食べ物は美味しく味わうものだと思うので、適量を購入し適量を食べることをお勧めします。


この記事をシェアする